ニュース

米国女子東京五輪の最新ゴルフニュースをお届け

世界ランク1位のネリー・コルダが首位 稲見萌寧6位 畑岡奈紗は11位

東京五輪 女子2日目(4日)◇霞ヶ関CC東コース(埼玉県)◇女子6648yd(パー71)

猛暑でスコアの伸ばしあいが展開され、首位に1打差の2位から出た米国のネリー・コルダが最終18番をダブルボギーとしながら「62」をマーク。世界ランキング1位の実力を見せつけ、通算13アンダーの単独首位に浮上した。

<< 下に続く >>

2位は4打差の通算9アンダーにインドのアディティ・アショクのほかデンマーク代表の2人、ナンナ・コルツ・マドセンエミリー・ペデルセンがつけた。初日首位スタートのマデレーネ・サーストレム(スウェーデン)が8アンダー5位に続く。

日本代表は稲見萌寧が1イーグル5バーディ、1ボギーの「65」で7アンダー。16位から6位に順位を上げて世界ランク2位のコ・ジンヨン(韓国)と並んだ。

畑岡奈紗は同じく16位から4バーディ、1ボギー「68」とし4アンダー、2016年「リオデジャネイロ五輪」銅メダリストのフォン・シャンシャン(中国)らと同じ首位とは9打差の11位で週末に進んだ。

2大会連続の金メダル獲得がかかる朴仁妃(韓国)は3アンダーの24位。

フィリピン代表の笹生優花は47位から「68」と巻き返してイーブンパーの34位まで挽回した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 東京五輪




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!