ニュース

米国女子ダイヤモンドリゾート トーナメントofチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ダイヤモンドリゾート トーナメントofチャンピオンズ
期間:01/16〜01/19 場所:フォーシーズンG & スポーツC オーランド(フロリダ州)

畑岡奈紗は月曜決戦で敗北 ロペスがPO7ホール目で制す

◇米国女子◇ダイヤモンドリゾート トーナメントofチャンピオンズ 最終日(20日)◇フォーシーズンG&スポーツCオーランド(フロリダ州)◇6645yd(パー71)

日没順延で持ち越されたサドンデス形式のプレーオフが6ホール目から再開され、ギャビー・ロペス(メキシコ)が7 ホール目(再開2ホール目)で畑岡奈紗を振り切った。ロペスは自身初のプレーオフで、2018年「ブルーベイLPGA」以来のツアー通算2勝目を挙げた。

世界ランキング6位で日本勢一番手の畑岡は、東京五輪イヤーとなる2020年シーズン開幕戦で、昨年3月「キア・クラシック」以来のツアー通算4勝目を惜しくも逃した。米ツアー3度目のプレーオフだったが、3敗目を喫した。

18番(パー3)でのプレーオフは午前8時(日本時間午後10時)から再開され、7ホール目でロペスが先に先に8mのバーディパットを沈めたのに対し、畑岡は3mを外し決着した。

前日の最終ラウンドは畑岡が3打差3位から「68」で回り、首位から出た朴仁妃(韓国)、「66」をマークしたロペスとともに通算13アンダーで並んでプレーオフに突入。3ホール目で朴が脱落すると、グリーン脇から照明で灯された5ホール目まで互いにパーを重ね、日没順延となっていた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ダイヤモンドリゾート トーナメントofチャンピオンズ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには瀬戸瑞希選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!