ニュース

米国女子ISPS HANDA オーストラリア女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

野村敏京が3打差2位で最終日へ 首位にネリー・コルダ

◇米国女子◇ISPSハンダ オーストラリア女子オープン 3日目(16日)◇ザ・グランジGC (オーストラリア)◇6648yd(パー72)

3位から出たネリー・コルダが「67」で回り、通算12アンダーで単独首位に浮上した。同じく3位スタートの野村敏京は「70」で通算9アンダーの単独2位に続き、首位から3打差で最終日を迎える。

コルダはオーストラリアを「たぶん、(母国アメリカに次いで)2番目に好きな国」と笑う。「67」で首位に浮上したこの日は、大勢のギャラリーの声援を浴び続けた。

アゲンストの風の中でもドローボールで距離を稼ぎ、アイアンショットは高さを使って止めてくる。父・ペトルさんは98年にテニスの「全豪オープン」シングルスを制覇。姉・ジェシカも12年の今大会で、父に続いて豪ナショナルオープンでツアー初優勝を手中にした。次は妹の番か。「考えようとも思わないけど、もしそうなったら最高ね」と静かにあすの18ホールに集中した。

そのコルダと同組でスタートした野村は4バーディ、2ボギーでプレー。2016年に米ツアー初優勝を飾った大会で、17年「テキサスLPGAシュートアウト」以来となるツアー通算4勝目に望みをつなげた。

通算8アンダーの3位に、イ・ジョンウン6(韓国)、ジョディ・ユワート・シャドフ(イングランド)、首位から出たウェイリン・スー(台湾)の3人。前年覇者のコ・ジンヨン(韓国)は通算7アンダーの6位に続いた。

ともに60位から出た横峯さくらは3バーディ、2ボギーの「71」で通算1オーバーの50位、上原彩子は2バーディ、3ボギーの「73」で通算3オーバーの62位で終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ISPS HANDA オーストラリア女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。