ニュース

米国女子CMEグループ ツアー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

トンプソンが最終戦を制す 畑岡9位、年間女王はA.ジュタヌガン

◇米国女子◇CMEグループ ツアー選手権 最終日(18日)◇タイバーアンGC(フロリダ州)◇6556yd(パー72)

単独首位からスタートしたレキシー・トンプソンが「70」で回り、通算18アンダーで今季初優勝を飾った。4バーディ、2ボギーのプレーで後続に4打差をつけ、シーズン最終戦で節目のツアー通算10勝目を手にした。

畑岡奈紗を含むポイントランキング12位までに可能性が残されていた年間タイトルと100万ドルのボーナスは、同ランク1位で最終戦に乗り込んだアリヤ・ジュタヌガン(タイ)が獲得した。最終日を「66」で締めくくり、通算12アンダーの5位でフィニッシュ。2年ぶりに女王タイトルを奪還したほか、賞金、プレーヤー・オブ・ザ・イヤー、ベアトロフィ(平均ストローク1位)の4冠に輝き、主要タイトルを総なめにした。

畑岡は12位から出た最終日を6バーディ、2ボギーの「68」と伸ばし、通算10アンダーの9位でホールアウト。年間タイトルは逃したが、初優勝を含む2勝を挙げた飛躍のシーズンをポイントランク3位の成績で終えた。

横峯さくらは通算5オーバーの58位。上原彩子は通算6オーバーの61位で終えた。

<上位の成績>
優勝/-18/レキシー・トンプソン
2/-14/ネリー・コルダ
3T/-13/ブリタニー・リンシコムユ・ソヨン
5T/-12/アリヤ・ジュタヌガンリディア・コーマリナ・アレックスカルロタ・シガンダ
9/-10/畑岡奈紗

関連リンク

2018年 CMEグループ ツアー選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには金澤志奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~