ニュース

米国女子サムソンワールド選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2007年 サムソンワールド選手権
期間:10/11〜10/14 場所:ビッグホーンGC(カリフォルニア州)

L.オチョアが今季7勝目! 宮里藍はスコアを落とすも復活の気配

カリフォルニア州にあるビッグホーンGCで開催されている、米国女子ツアー第24戦「サムソンワールド選手権」の最終日。ロレーナ・オチョア(メキシコ)がこの日のベストスコアをマークして優勝を飾った。

首位でスタートしたオチョアは、前半で3つのバーディを奪うと、後半も4バーディ、1ボギーでラウンドし、この日のベストスコアとなる「66」をマーク。通算18アンダーとし、“女王”の名に相応しい、2位に4打差をつける快勝で、最近続いていた悔しい敗戦をストップした。

<< 下に続く >>

3位タイでスタートした金美賢(韓国)は、前半は1つスコアを落としたが、後半立ち上がりと締めくくりで連続バーディを奪い、通算14アンダーの単独2位でフィニッシュ。オチョアの独走は阻めなかったものの、久々の上位進出で存在感を示した。

3位タイには、新人のアンジェラ・パーク(ブラジル)とジャン・ジョン(韓国)が通算13アンダーで並び、オチョアとの2週連続一騎打ちが期待されたスーザン・ペターセン(ノルウェー)は、通算12アンダーの単独5位で大会を終えた。

また、復調具合が気になる宮里藍は、前半ノーバーディ、4ボギーとスコアを大きく落とす。しかし、後半は悪い流れを断ち切り2バーディ。参加選手20人中、通算5オーバーの単独18位でフィニッシュした。今大会は予選落ちがない形式だったが、数字はともかくとしてゴルフの内容だけを見れば、明らかに復調を予感させるプレーぶりだったと言えるだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 サムソンワールド選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!