ニュース

米国女子ボランティア・オブ・アメリカ テキサスLPGAシュートアウトの最新ゴルフニュースをお届け

野村敏京が首位浮上 宮里美香61位、畑岡奈紗は予選落ち

◇米国女子◇ボランティア・オブ・アメリカ テキサスLPGAシュートアウト 2日目(28日)◇ラスコリナスCC(テキサス州)◇6441yd(パー71)

大会2日目を9位から出た野村敏京が8バーディ、2ボギーの「65」でプレーして通算9アンダーとし、単独首位に浮上した。前半を1アンダーで折り返した野村は、最終ホールをボギーとしたものの、後半に6つのバーディを量産して「30」。16年4月の「スウィンギングスカートLPGA」に続くツアー3勝目へ、絶好の位置で大会を折り返した。

<< 下に続く >>

通算8アンダー、首位を1打差で追うのは、米ツアー5勝、世界ランク3位のアリヤ・ジュタヌガン(タイ)。通算7アンダー3位にスーザン・ペターセン(ノルウェー)が続いた。通算6アンダー4位にジュタヌガン姉妹の姉、モリヤ・ジュタヌガン(タイ)ほか、殿堂入りプレーヤーの朴仁妃(韓国)、マリーナ・アレックスの3人が並んだ。

日本勢は、宮里美香が3バーディ、2ボギー1トリプルボギーの「73」でプレーして、通算2オーバーの61位に後退も予選通過。畑岡奈紗は1バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「74」として初日の出遅れを取り戻せず、通算12オーバー、137位で予選落ちした。

4週間ぶりの出場となるレキシー・トンプソンは、通算1アンダー34位。79週連続で世界ランク1位をキープするリディア・コー(ニュージーランド)は通算1オーバーの47位に続いた。

【主な上位成績】
1/-9/野村敏京
2/-8/アリヤ・ジュタヌガン
3/-7/スーザン・ペターセン
4T/-6/モリヤ・ジュタヌガン朴仁妃、マリーナ・アレックス
7T/-5/チャーリー・ハルクリスティ・カーアンジェラ・スタンフォードハー・ミジョン

61T/+2/宮里美香
――以上、予選通過――
137T/+12/畑岡奈紗

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 ボランティア・オブ・アメリカ テキサスLPGAシュートアウト




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!