ニュース

米国女子バンク・オブ・ホープ ファウンダーズカップの最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍は好発進から一転予選落ち ジュタヌガンら首位

◇米国女子◇バンク・オブ・ホープ ファウンダーズカップ 2日目(17日)◇ワイルドファイヤーGC(アリゾナ州)◇6679yd(パー72)

世界ランク2位のアリヤ・ジュタヌガン(タイ)、ステーシー・ルイスが「67」でプレーして、通算13アンダー首位で2日目を終えた。

1打差の通算12アンダー3位にミッシェル・ウィビッキー・ハースト、イ・ジョンウン、ハー・ミジョン(ともに韓国)の4選手。チョン・インジ朴仁妃(ともに韓国)らが通算11アンダー7位とした。

日本勢は6人が出場して4人が決勝ラウンドに進んだ。ツアー通算2勝の野村敏京は連日「68」で通算8アンダー30位、上原彩子は通算7アンダー40位。横峯さくらは通算6アンダー54位、宮里美香は通算5アンダー67位となった。

初日6アンダー11位と好発進をした宮里藍は「74」で通算4アンダーとし、75位まで順位を下げて、133位の畑岡奈紗とともに予選落ちした。

関連リンク

2017年 バンク・オブ・ホープ ファウンダーズカップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストにはミナミ・レボノウィッチプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~