ニュース

米国女子セーフウェイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 セーフウェイクラシック
期間:08/24〜08/26 場所:コロンビアエッジウォーターCC(オレゴン州)

S.グスタフソンとJ-Y.オーが首位に! 宮里藍は63位タイ発進

米国女子ツアー第19戦「セーフウェイクラシック」が、オレゴン州にあるコロンビアエッジウォーターCCで開幕。初日首位に並んだのは、ソフィー・グスタフソン(スウェーデン)と、ルーキーのJ-Y.オー(韓国)の2人だった。

今年ツアーデビューを果たした新人、J-Y.オーが、初日首位に立つという大仕事をやってのけた。立ち上がりの1、2番で連続バーディを奪って好スタートを切ると、折り返しの後半10番からは、3連続バーディ。最終的に7バーディ、1ボギーの6アンダーという内容でホールアウトした。これに、日本男子ツアーにも参戦経験のある実力派、グスタフソンが並んでいる。

<< 下に続く >>

首位から1打差の5アンダー単独3位には、2試合連続優勝を遂げている“女王”ロレーナ・オチョア(メキシコ)。スタートホールでバーディを決めた後は、着実にスコアを伸ばしていく安定したゴルフを展開。途中15番でボギーを叩くも、最終18番ではキッチリとバーディを決め、明日へつながる締めくくりを見せた。

この他、アンジェラ・スタンフォードが4アンダーの4位タイ、カリー・ウェブ(オーストラリア)は、2アンダーの9位タイ。また、前週予選落ちを喫した宮里藍は13番から3連続ボギーを叩くなど振るわず、2オーバーの63位タイと出遅れている。東尾理子は8オーバーの127位タイで初日を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 セーフウェイクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!