ニュース

米国女子ISPSハンダ オーストラリア女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

野村敏京が3位、日本勢は4人が決勝へ 首位にクライバーンら

◇米国女子◇ISPSハンダ オーストラリア女子オープン 2日目◇グランジGC(オーストラリア)◇6600yd(パー72)◇

8打差の39位から出たホリー・クライバーン(イングランド)が1イーグル、5バーディ、この日ベストスコアの「65」でプレー。09年「全英リコー女子オープン」覇者のカトリオナ・マシュー(スコットランド)と並び、通算8アンダーの首位タイに浮上した。

<< 下に続く >>

1打差で追う通算7アンダー3位に、野村敏京ジェニー・シン(韓国)、リン・シユ(中国)、カロリン・マソン(ドイツ)の4選手がグループを形成。10位スタートの野村は5バーディ、1ボギーの「68」で順位を上げた。

今シーズン2戦連続で日本勢最上位フィニッシュ(13位)の野村は、「リラックスしてプレーすることができた。今はショット、パットともに自信を持って打てているので、あすも自分のプレーをしたいです」と意気込みを示した。

初日コースレコードの「63」で首位発進としたキム・スビン(韓国)は2バーディ、7ボギー「77」の乱調。昨年覇者で世界ランク1位のリディア・コー(ニュージーランド)らと並び、通算4アンダーの11位に後退した。

日本勢は野村を加えた4選手が予選を通過。プロデビュー戦の18歳・永井花奈と、酒井美紀が通算イーブンパーの39位。宮里美香はカットライン上の通算2オーバー66位で決勝ラウンドに駒を進めた。

上原彩子は通算4オーバー91位、横峯さくらは通算6オーバー109位で予選落ち。アマチュアの岩崎美紀(15=三芳中3年)は通算10オーバー143位、小貫衣織は通算14オーバー152位に終わった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ISPSハンダ オーストラリア女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには吉川桃選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!