ニュース

米国女子マラソンクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 マラソンクラシック
期間:07/17〜07/20 ハイランドメドウズGC(オハイオ州)

リディア・コーが逆転で今季2勝目 宮里藍は今季ベストの12位

2014/07/21 06:52

◇米国女子◇マラソンクラシック 最終日◇ハイランドメドウズGC(オハイオ州)◇6,512ヤード(パー71)

首位を2打差で追ったリディア・コー(ニュージーランド)が6バーディ、ノーボギーにまとめる「65」でプレーし、通算15アンダーで逆転。世界ランキング2位につけるスーパールーキーが、4月「スウィンギングスカートLPGAクラシック」に続く今季2勝目、アマチュア時の2勝を含むツアー通算4勝目を手にした。

1打差の通算14アンダー2位に一昨年大会覇者のリュー・ソヨン(韓国)。後半4バーディを奪うスパートをかけて最後までコーに迫ったが、あと1歩が届かず2シーズンぶりの優勝は叶わなかった。

通算12アンダーの3位にクリスティ・カー、通算11アンダーの4位にケリー・タン(マレーシア)とキャサリン・カーク(オーストラリア)。前週「全英リコー女子オープン」を制したモー・マーティンは通算10アンダーの7位で終えた。

4人が決勝ラウンドに進んだ日本勢では、19位から出た宮里藍が6バーディ、3ボギー「68」と3つ伸ばし、最上位となる通算9アンダーの12位に浮上。自身の今季ベストフィニッシュ(それ以前は3月「キア・クラシック」の24位)で4日間を終えた。野村敏京は通算5アンダーの32位、上原彩子は通算2オーバーの69位、有村智恵は通算7オーバーの77位。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 マラソンクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。