ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全米女子オープン
期間:06/19〜06/22 場所:パインハーストNO.2(ノースカロライナ州)

首位タイにウィとヤン 横峯さくらが1打差縮めて7位キープ

◇米国女子◇全米女子オープン 3日目◇パインハーストNo.2(ノースカロライナ州)◇6,296ヤード(パー70)

ミッシェル・ウィエイミー・ヤン(韓国)が通算2アンダーで首位に並んだ。通算アンダーパーで回る選手はついにこの2人だけ。4打差の通算2オーバー3位タイに、ジュリ・インクスターチェ・ナヨン(韓国)ら4選手。日本勢では横峯さくらが、首位との差を5打差に縮め、7位グループに踏ん張った。

単独首位から出たウィは、後半11番からの4ホールで4つスコアを落とす急ブレーキが響いて、この日「72」。3位から出て6バーディ4ボギーの「68」でスコアを伸ばしたヤンに並ばれた。注目を集めたのは、この日ベストとなる「66」で3位タイに浮上してきたインクスター。開幕前に「全米女子オープン」からの卒業を宣言した53歳の大ベテランが、5バーディ1ボギーのプレーで軽やかにリーダーボードを駆け上がった。

7位から出た横峯は、5番(パー5)でイーグルを奪うなど、1イーグル、2バーディ、5ボギーで「71」。通算3オーバーとスコアは1つ落としたが、首位との差は1打縮め、逆転圏の5打差7位タイで最終日を迎えることとなった。

ほかの日本勢は、成田美寿々が通算9オーバー26位タイ、森田理香子が通算11オーバー42位タイ、橋本千里(アマ)が通算15オーバー64位タイで、それぞれ3日目を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには三ヶ島かなプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!