ニュース

米国女子ピュアシルク バハマ LPGAクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

開幕戦に強い?コルダが逆転勝利 宮里藍は62位

2014/01/27 07:10

◇米国女子◇ピュアシルク バハマ LPGAクラシック 最終日◇オーシャンクラブGC(バハマ)◇6,644ヤード(パー73)

スコアの伸ばし合いとなった最終日。8バーディ、1ボギーの7アンダー「66」でラウンドしたジェシカ・コルダが、通算19アンダーで優勝を果たした。2012年の開幕戦「ISPSハンダオーストラリアン女子オープン」以来のツアー2勝目。今回もシーズンのオープニングゲームで勝利を果たした。

1打差の通算18アンダー2位はステーシー・ルイス。通算16アンダーの3位にはポーラ・クリーマー、ポルナノン・ファトナム(タイ)と、首位からスタートしたチェ・ナヨン(韓国)、2位スタートのリゼット・サラスの4人が並んだ。

日本勢では野村敏京がこの日のベストスコアに並ぶ7アンダーをマークし通算9アンダーの23位タイ。最終18番でイーグルを奪い44位から急浮上させた。上原彩子も4ストローク伸ばして通算5アンダーの33位タイ。

大会3日目に62位に後退した宮里藍は、3バーディ1ボギーと2ストローク伸ばして通算イーブンパーに戻したが、順位はスタート時と変わらず62位タイに終わった。

関連リンク

2014年 ピュアシルク バハマ LPGAクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには金澤志奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~