ニュース

米国女子ピュアシルク バハマ LPGAクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

“天才少女”コーが首位発進 キャディ変更の宮里藍は出遅れる

◇米国女子◇ピュアシルク バハマ LPGAクラシック 初日◇オーシャンクラブGC(バハマ)◇6,644ヤード(パー73)

アマチュア時代に次々と年少優勝記録を打ち立て、昨年11月の2013年シーズン最終戦でプロ転向した16歳のリディア・コー(ニュージーランド)が6バーディ1ボギーの「68」で5アンダーとし、14年シーズン開幕戦をミーナ・リー(韓国)と並ぶ首位で滑り出した。

4アンダーの3位に、世界ランク3位のステーシー・ルイスブリタニー・ラングP.K.コンクラファン(タイ)ら10人が並び、さらに1打差の13位にもチェ・ナヨン(韓国)、モーガン・プレッセルブリタニー・リンシコムら10人がひしめく混戦模様。米ツアー2年目の上原彩子が、2バーディ1ボギーの「72」で日本勢最上位の1アンダー33位につけた。

Qスクールから米ツアーに復帰した野村敏京はイーブンパーの38位。米ツアー9年目で今季からキャディを変えた宮里藍は、2バーディ4ボギーの「75」で77位発進と大きく出遅れた。

関連リンク

2014年 ピュアシルク バハマ LPGAクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには金澤志奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~