ニュース

米国女子ミズノクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

宋ボベが逃げ切り勝利! 藍、桃子は逆転ならず

三重県にある近鉄賢島CC で開催されている、USPGAツアーの公式戦でもある国内女子ツアー第31戦「ミズノクラシック」の最終日。1日を通して強い日差しが照り付け、気温は21度まで上昇。11月とは思えない陽気にも誘われ、7千人近いギャラリーが会場に詰めかけた。

大会を制したのは、単独首位からスタートした宋ボベ(韓国)。上位のスコアが伸び悩む中、5バーディ、1ボギーと最後まで崩れることなく18ホールを完走。2位に3打差をつける通算15アンダーで、「日本女子オープン」に続く今季2勝目、通算3勝目を飾った。

通算12アンダーの2位タイには、H.Y.パーク(韓国)とブリタニー・ラング(アメリカ)、そしてコースレコードタイとなる「64」をマークしたロレーナ・オチョア(メキシコ)が食い込んだ。オチョアは29位タイからの急浮上を遂げ、最終日にしてようやく本領を発揮。「これで家に気持ち良く帰れます」と笑顔を見せた。次週は、メキシコで開催する「ロレーナ・オチョア・インビテーショナル」が控えており、「一番重要視している大会」と、自身が主催する大会に向けて弾みをつけた。

USLPGAツアーの賞金ランクトップを走る申智愛(韓国)は、通算11アンダーの5位タイ。同ランク2位で追う宮里藍は2バーディ2ボギーと伸び悩み、通算8アンダーの17位タイに終わった。上田桃子は通算10アンダーの9位タイ。横峯さくらは「67」とスコアを伸ばし、通算9アンダーの12位タイに浮上して終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ミズノクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには三ヶ島かなプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!