ニュース

米国女子ザ・エビアン選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ザ・エビアン選手権
期間:09/12〜09/15 場所:エビアンリゾートGC(フランス)

宮里美香がメジャー初制覇に王手! 16歳アマが1差で追う

◇米国女子メジャー最終戦◇ザ・エビアン選手権 3日目◇エビアンリゾートGC(フランス)◇6,428ヤード(パー71)

単独首位からスタートした宮里美香が4バーディ、2ボギーの「69」と2つ伸ばし、通算8アンダーでその座をキープした。競技は54ホールへの短縮が決まり、36ホールが予定されていた最終日は18ホールに変更。女子では、1977年に「全米女子プロゴルフ選手権」を制した樋口久子以来2人目となるメジャー制覇に王手をかけ、明日の最終決戦に臨む。

<< 下に続く >>

序盤は不穏な空気に包まれた。ショットの乱れが目立ち、スタートホールの1番では2打目がグリーンをショート。3オン2パットのボギー発進とすると、続く2番(パー3)ではグリーン奥に乗せるも、マウンド越えのロングパットを残して3パットボギーと、早々に首位を明け渡した。

しかし、「原因は分かっていたから」と23歳に焦りはなかった。足を引っ張っていたスイングも徐々に調子を取り戻し、6番で2メートル、7番(パー5)でも3打目をピンそばにつけ、連続バーディで流れを掴む。首位タイで迎えた最終18番では、185ヤードの2打目をピン左30センチにつけるスーパーショットで締めくくり、単独首位の座を奪回した。

通算7アンダーの2位タイには、16歳アマのリディア・コー(ニュージーランド)とスーザン・ペターセン(ノルウェー)。通算6アンダーの4位にステーシー・ルイスがつけ、実力者たちが宮里を僅差で追う。前人未踏となる同一シーズンメジャー4勝目がかかる朴仁妃(韓国)は、通算3オーバーの54位と快挙達成は厳しい状況となった。

日本勢では、上田桃子が1つ伸ばして通算2アンダーの14位タイに浮上。上原彩子が通算イーブンパーの27位タイに後退した一方、85位タイスタートの宮里藍が「68」と3つ伸ばし、通算1オーバーの37位タイで予選通過を果たした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ザ・エビアン選手権

空気と水だけで装着できる!次世代グリップ

空気と水だけで装着できる!次世代グリップ
取付け時間は1分。機能性とカラーリングで人気急上昇中のカデログリップの魅力を聞いてみました



特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!