ニュース

米国女子ウィリアムズ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2001年 ウィリアムズ選手権
期間:09/07〜09/09 場所:タルサCC(オクラホマ州)

またしても韓国のニューヒロイン誕生。21歳のグロリア・パークが逆転で初優勝

米国女子ツアーウィリアムス・チャンピオンシップの最終日。前日8アンダーをマークして飛び出したD.アンドリュースがイーブンパーとスコアを伸ばせず、3アンダー5位からスタートしたグロリア・パークが6アンダーをマークし逆転でツアー初優勝を飾った。

この日のパークは3番パー5で3日連続となるバーディを奪うと、5番まで3連続でバーディを奪った。その後1バーディ、1ボギーで後半に入り、12、13番そして終盤の16番パー5、17番パー3でも連続バーディを奪い9アンダーでフィニッシュ。

<< 下に続く >>

2位に4打差をつけて最終日を迎えたアンドリュースは、前日29をマークした前半の9ホールでバーディを奪うどころかボギーを2つ叩きスコアを落とした。後半は11番、14番でバーディを奪ったが、前日の勢いは戻らずパークに逆転を許してしまった。

プロ入り3年目で21歳のパークだが、今シーズンは先月のカナディアン女子オープンで10位タイが最高だったが、着実に力をつけてきた選手の一人。朴セリを筆頭に米ツアーで活躍する韓国選手がまた一人現れた。

A.ソレンスタムK.ウェブは共に最終日を1オーバー、今週は1度もアンダーパーを記録することができなかった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 ウィリアムズ選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!