ニュース

米国女子ホンダ LPGAタイランド2012の最新ゴルフニュースをお届け

7年目の宮里藍、変わるものと変わらないもの

今年で米国女子ツアー7年目に突入する宮里藍だが、これまでとは少し状況が異なっている。昨年で日本ツアーのシード権を失い、今年は自由に日米ツアーを往復するようなことはできなくなった。「正直、複雑な気持ちです」と悔しさも入り交じった感情を抱えるが、「7年目だけど、今年は本格的に腰を据えてこっちのツアーで頑張れるのかな」と、目標とするプレーヤー・オブ・ザ・イヤー獲得に向けて、迷いのない状況とも言えそうだ。

オフシーズンには、昨年の自身のスタッツを分析し、「アイアンの精度が良くなくて(パーオン率=59位)、その代わりパッティングのアベレージ(4位)が良かった。もう少しパーオン率が上がれば、バーディの数も増えたのかな」と、アイアンの距離感、精度アップに時間を費やしたという。また、昨年一度テストしていたというV-iQにアイアンのモデルも変え、「すごく易しくて、距離は変わらないけど球がよく上がります」と、その変更は特にロングアイアンで威力を発揮しそうだ。

先週一足先に米女子ツアーは開幕し、18歳のジェシカ・コルダがツアー初優勝を飾った。さらに、今年は今月17歳になったばかりのレクシー・トンプソンが初のフルシーズン参戦を果たすなど、ツアーは常に変化を続けている。この試合が今季初戦となる宮里は、「特に新しく始めることはないですし、今までの自分で戦っていくことです」と、逆に変わらない姿勢を貫く。この日一緒にラウンドした朴セリに「今年27歳になるんだよって言ったら、“信じられない”って言われました」と笑ったが、変わり続ける世界でも自分を見失わないのが、宮里の強みと言えるだろう。

当然、今季も目標はプレーヤー・オブ・ザ・イヤー獲得(年間最優秀選手賞)に置いている。「あとは、メジャーチャンピオンになりたいなと思います」と宮里。「7年目になって十分戦える気持ちはあるし、それが毎年強くなっていく一方なので、今年はその辺も視野にいれてやってきたいです」。地に足の着いた宮里の言葉が、強い説得力で迫ってきた。(タイ・チョンブリ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 ホンダ LPGAタイランド2012




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米オープン
2019年のメジャー第3戦「全米オープン」は13日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。