ニュース

米国女子モービルLPGAトーナメント of チャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 モービルLPGAトーナメント of チャンピオンズ
期間:10/10〜10/13 ロバート・トレント・ジョーンズ・ゴルフトレイル(アラバマ州)

C.コークが2日連続の好スコアで首位独走

米国女子ツアー「Mobile LPGA トーナメント of チャンピオンズ」2日目。初日に62でまわったカリン・コークが、この日も順調にスコアを伸ばし2位に4打差をつけ単独首位をキープした。

「天気も良いし、スコアをまとめるには最高に1日だった。フェアウェイの芝が伸びているので距離は稼げないが、2打目で長い距離が残っても、9番ウッド、11番ウッドがあるからピンをデッドに攻めることができる。良いスコアを出した次の日は、えてしてスコアがまとまらないものだけど、最初のホールでチップインバーディを決めた時に『今日も行ける』と確信した」

7バーディ、2ボギーで67を記録したコークは、2日目にしてトーナメント記録の16アンダーにあと1打と迫るトータル15アンダーとしている。昨年末からトレーニングで身体を鍛えた成果が飛距離アップに表れ、そのお蔭で正確性を重視するゴルフに集中できているそうだ。どこまでスコアを伸ばすことができるか楽しみだ。

そして63でまわったクリスティ・カーが、一気に2位に浮上してきた。

「今日は惜しいミスが5つくらいあったので、それらを全部決められれば59も夢ではなかった。初日はグリーンが水分を含んでいたせいで重かったけど、今日は適正な速さだったのでパットが面白いように決まった。残り2日間でもスコアを伸ばしてくる選手いるはずなので、自分のゴルフに徹した結果、優勝できれば嬉しい」。グリーンのクセを掴んだというカー。さらに爆発的なスコアを記録できるだろうか。

そしてツアー年間勝利数記録がかかっているアニカ・ソレンスタムは、出だしの1番でボギーを叩いたのが影響したのか波に乗ることができず、3バーディ、1ボギーで2つスコアを伸ばすにとどまった。トータル8アンダーでトップとは7打差だが、ソレンスタムにとっては明日のラウンドがカギになるはずだ。

関連リンク

2002年 モービルLPGAトーナメント of チャンピオンズ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~