ニュース

米国女子セーフウェイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 セーフウェイクラシック
期間:09/13〜09/15 場所:コロンビアエッジウォーターCC(オレゴン州)

K.ウェブが5アンダーでトップ。福嶋晃子は2アンダー発進!

米国女子ツアー「セーフウェイクラシック」初日。ジュリー・インクスター、ロージー・ジョーンズカリー・ウェブ、ドナ・アンドリュースの4人が5アンダーをマークして首位に立った。

ドナ・アンドリュースは今季トップ10入り3回を果たしているが、ここのところパッティングに悩まされており、本来の調子をつかめずにいた。

<< 下に続く >>

「最近パッティングをずっと練習していた成果が実を結んで、67でまわることができた。今週は火曜日からショットの調子が悪くて心配していたが、序盤にバーディを取ったあと、ショットのことは忘れていた。ピンに絡ませるというより、良いショットを打とうという意識に変化していったら、自然とショットの調子が上がってきた。グリーンの状態は良いし、スコアを伸ばせそう。3パットを2回もした割には良いスコアでまわれたので自信がついた」。アンドリュースはツアー6勝の名選手だが、1998年以来、優勝から遠ざかっている。今週復活を遂げることができるだろうか。

ディフェンディングチャンピオンの金美賢は、2バーディ、1ボギーで1アンダー32位タイと静かな出だし。またアニカ・ソレンスタムは、首位と2打差の11位タイ。今季8勝目に向けてまずまずのスタートだ。

そして日本の福嶋晃子は、11ホール目までに4つスコアを伸ばしトップと1打差までというところまで来たが、終盤に崩れ、結局2アンダー21位タイで初日を終了した。小俣奈三香は2オーバーで93位タイ、片野志保は3オーバー111位タイとなっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 セーフウェイクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!