ニュース

米国女子エビアンマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 エビアンマスターズ
期間:06/12〜06/15 エビアンマスターズGC(フランス)

4日間でボギーは2つだけ。A.ソレンスタンムが今シーズン5勝目!

米国女子ツアー「エビアンマスターズ」は、フランスを舞台に試合が行われている。今週は男子ツアーが全米オープンということで、ゴルフファンの話題はどうしても、そちらの集中しがちだ。本命タイガーが初日から首位に立ち、逃げる展開。女子の試合では女王A.ソレンスタムが、タイガーよりも一足早く、逃げ切って優勝した。

16アンダー、2位に4打差で最終日を迎えたソレンスタムは、4バーディ、1ボギーで19アンダーまで伸ばし、今シーズン5勝目、ツアー通算36勝目を上げた。同じ最終組でラウンドした金美賢、C.カーの追い上げはなく、ソレンスタムは終始マイペースなゴルフに徹した。

ソレンスタムを脅かすことはできなかったが、大きくスコアを伸ばしたのはソレンスタムと同じスウェーデン出身のM.ヨースだった。前半3つ伸ばし、後半には11番から3連続、16番からも2連続でバーディを奪い15アンダー2位に浮上した。

コースレコードの63にあと一歩というところで、最終18番では2メートルのバーディパットを外してしまった。ヨースは昨年も最終日にスコアを伸ばし、優勝したR.テスキに1打差の2位。この大会、このコースとは相性がいいようだ。

そして相性がいいと言えば日本の小林浩美を忘れてはいけない。1997年、当時は欧州女子ツアー単独で開催されていたこの大会で優勝しているのだ。今シーズン調子が上がらず苦しんでいた小林だが、今大会は日を追うごとにスコアを伸ばしてきた。

前半3バーディを奪い勢いにのるかと思われたが、10、13番でボギーを叩いてしまった。最終18番はバーディを奪ったが、スコアを2つしか伸ばせなかった。通算6アンダーで順位を1つ下げて19位となった。

また、初日3アンダーと好スタートを切った福嶋晃子は、2日目以降アンダーパーを記録することができなかった。今大会の福嶋はボギーが目立つのだが、最終日は5バーディを奪いながらもボギーを4つ、ダブルボギーも1つ叩き出入りが激しかった。

次週は米国に舞台を戻し、ウェグマンズ・ロチェスターインターナショナルがニューヨークで開催される。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 エビアンマスターズ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米オープン
2019年のメジャー第3戦「全米オープン」は13日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。