ニュース

米国女子BMOフィナンシャルグループカナディアン女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

ベテラン2人が首位!そして2人の朴がジワリと順位を上げた!

今週の米国女子ツアー『BMO フィナンシャルグループカナディアン女子オープン』は、カナダ南西部のバンクーバーにあるポイントグレイゴルフ&CCで開催されている。

この地域は、この時期日照時間が長いため、2人1組のツーサムで全39組が1番ホールから順にスタートした。トップスタートは午前9時23分、最終組がスタートしたのは午後2時35分。全選手がホールアウトしたのは、午後8時を裕に過ぎていた。日本では到底考えられないことだ。

<< 下に続く >>

2日目に6アンダーの単独首位に立ったベス・ダニエルは、3バーディ、ノーボギーのラウンドで9アンダーまで伸ばした。3つのバーディはなんと全てパー3のホールだった。予選2日間は、8つのパー3でボギーが1つ。パー5のホールで5ストローク伸ばしてきたが、この日はパー5で伸ばすことが出来なかった。

そのダニエルを捕えたのは、単独2位からスタートしたジュリー・インクスターだった。インクスターは4番ホールから3連続バーディを奪い、終盤も2つスコアを伸ばして9アンダー首位タイに浮上した。

2打差の7アンダーには、安定したスコアで上位をキープしているキム・サイキが付け、さらに3打差の4アンダーには5人が並んでいる。その中には韓国の朴セリグレース朴の2人が入っている。女王アニカが初日に棄権しているため、ライバルの朴セリとしては、少しでも賞金を稼いでおきたい。

また、日本勢で決勝ラウンドに残った小俣奈三香福嶋晃子だが、小俣は2ストローク落とし11位から23位に後退。2日目にスコアを伸ばし予選落ちを免れた福嶋は、2バーディ1ボギーで2オーバーまで伸ばし、順位も52位から29位に浮上している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 BMOフィナンシャルグループカナディアン女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!