ニュース

米国女子アサヒ緑健インターナショナル選手権 at Mount Vintageの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 アサヒ緑健インターナショナル選手権 at Mount Vintage
期間:05/08〜05/11 場所:マウントビンテージPGC(サウスカロライナ州)

R.ジョーンズが10アンダー単独首位!

サウスカロライナ州ノースオーガスタにあるマウントビンテージPGCで開催されている、米国女子ツアー「アサヒ緑健インターナショナル選手権 at Mount Vintage」の2日目。上位選手は順調にスコアを伸ばした。

初日6アンダー首位タイのロージー・ジョーンズが、4ストローク伸ばし10アンダーで単独首位に立った。6番パー5でイーグルを奪ったジョーンズは、9番パー5もスコアを伸ばそうとしたが、ティショットからトラブルになりボギーを叩いてしまった。後半はパーセーブを繰り返し、17番でバーディを奪い唯一の2桁アンダーで2日目を終えた。

<< 下に続く >>

1打差の9アンダー単独2位には、この日5ストローク伸ばしたウェンディ・ウォード。10番ホールからスタートしたウォードは、前半から飛ばした。13、17番でボギーを叩いたが、それを上回る5つのバーディを重ねた。そして後半は少ないチャンスを確実に生かした。

この日のベストスコア66をマークし、8アンダー3位タイに浮上したのは25歳のハート・マーシーだ。スタートの1番ホールでバーディの後は、8番、15番から連続バーディを奪いノーボギーでラウンド。2000年の全米女子アマチャンピオンの実力を遺憾なく発揮している。

初日2アンダー13位の好スタートを切った片野志保は、この日忙しい一日を送った。前日と同じように3番でバーディを奪ったが、4、5番で連続ボギー。その後バーディを3つ並べたが、再び連続ボギーを叩くなど出入りの激しいゴルフで5バーディ、5ボギーのイーブンパー。2アンダーは変わらず18位となっている。

その他の日本勢は、小俣奈三香が5オーバー、東尾理子はこの日も80とスコアを崩し通算15オーバーで予選落ちになった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 アサヒ緑健インターナショナル選手権 at Mount Vintage




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!