ニュース

米国女子ウェルチ・フライズ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2003年 ウェルチ・フライズ選手権
期間:03/13〜03/16 場所:ランドルフノース・ゴルフコース(アリゾナ州)

19歳C.キムが62で一気に2位に浮上!

米国女子ツアー開幕戦「ウェルチ・フライズ選手権」3日目。初日に61をマークしトップに立ったローリー・ケーンが、3日目再びトップに立った。

ケーンはこの日5バーディ、ノーボギー。3つあるパー5全てでバーディを奪った。2日目までに好スコアが続出したせいで、大会側はピン位置を検討し難しい場所に切ったが、ケーンはホールごとに攻守を切り替え、稼ぐべきホールで稼いだ。明日はキャリア通算5勝目をかけて戦う。

<< 下に続く >>

ローリー・ケーン
「天気もコースコンディションも良いから気持ち良くプレーできている。明日は19歳のキムが1打差で追ってくるという展開なので面白い。私が19歳の時はまだ大学生だったし、それを考えると最近は傾向が変わってきた。若手が私のようなベテランと、キムのような若手が争うとファンも喜ぶだろうし、ツアーの活性化につながると思うので、とても楽しみ」

そのクリスティーナ・キムは今日19歳になったばかりの新人だが、8バーディ、ノーボギーで62をマークし、自らの誕生日を祝った。丁度1年前にプロ転向したキムは、昨年フューチャーズツアーで賞金ランク2位という成績で今季米女子ツアーの参戦権を手に入れた。初戦でいきなり優勝争いとなるが、その堂々としたプレーぶりからはプレッシャーをものともしない強さがある。明日は最も注目すべき選手となるだろう。

2日目に60をマークしたメグ・マローンは、一時19アンダーまでスコアを伸ばしたが、後半3ボギーで首位陥落。“好プレーをした翌日には要注意”というが、その公式が当てはまってしまった。

日本勢は福嶋晃子が9アンダーで25位タイ、小林浩美は6アンダーで50位タイとなっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 ウェルチ・フライズ選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!