ニュース

米国女子キングスミル選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2012年 キングスミル選手権
期間:09/06〜09/09 キングスミルリゾート(バージニア州)

藍が9位タイに浮上!首位は申智愛

◇米国女子◇キングスミル選手権 2日目◇キングスミルリゾート(バージニア州)◇6.384ヤード(パー71)

雷雨による約2時間の中断で、サスペンデッドとなった第1ラウンドの未消化ホールからスタートした2日目、宮里藍が「68」と3ストローク伸ばして、日本勢最上位となる通算7アンダー、9位タイと順位を上げて決勝ラウンドを迎える。

1番でセカンドショットをグリーン右バンカーに入れると、第3打目をピン約3.5mまで運ぶが決めきれずボギーが先行。しかし5番はセカンドをピン手前1.5m、7番(パー5)では3打目をピン奥3mにつけるなど「ショットの調子がすごく良い」と、安定したプレーでピンに絡ませ4つのバーディを奪った。「あと3つは取れたかな」とこの日のパッティングを悔やんだが、「この2日間ミスらしいミスはないので、自分としてはここまでは納得のいくゴルフができていると思う」と、好調をアピールした。

第1ラウンドを終えて首位だった申智愛が通算12アンダーで単独トップをキープ。通算11アンダーの単独2位にダニエル・カン、通算10アンダーの3位タイにはデヴィ・クレア・シュリーフル(オランダ)、ポーラ・クリーマーの2選手が並んでいる。

そのほかの日本勢では、初日に好スタートを切った宮里美香は5バーディ、4ボギーの「70」とスコアを伸ばせず通算6アンダーの15位タイ、片平光紀はイーブンパーのラウンドで通算3アンダーの41位タイで自身初の決勝ラウンド進出を果たした。なお、上田桃子金子絢香は予選落ちとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 キングスミル選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。