ニュース

米国女子ウェグマンズLPGAチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 ウェグマンズLPGAチャンピオンシップ
期間:06/23〜06/26 ローキャストヒルCC(ニューヨーク州)

Y.ツェンが首位キープ! 桃子が10位に浮上、藍は予選落ち

米国ニューヨーク州のローキャストヒルCCで開催されている、今季の米国女子メジャー第2戦「ウェグマンズLPGAチャンピオンシップ」の2日目。単独首位からスタートしたヤニ・ツェン(台湾)が2ストローク伸ばし、通算8アンダーでその座をキープしている。

通算7アンダーの単独2位に、14位タイから浮上したパット・ハースト。通算6アンダーの3位タイに、モーガン・プレッセルミネア・ブロームクイスト(フィンランド)、パク・ヒヨン(韓国)が続く。日本勢では、3ストローク伸ばした上田桃子が通算3アンダーの10位タイに浮上。宮里美香は伸び悩んだが、通算イーブンパーの38位タイで決勝ラウンドに進出した。

一方、有村智恵野村敏京は僅か1ストローク及ばず、通算3オーバーの79位タイで予選落ち。宮里藍も通算4オーバーの92位タイで予選落ちを喫している。

P.ハースト、13年ぶりのメジャーVなるか?>

第2ラウンドを10番からスタートしたパット・ハーストは11番(パー5)で早々にバーディを先行させ、勢いに乗った。15番からは3連続バーディ。15番ではグリーン奥からチップイン、16番では12メートルを沈めた。「今日はとても良いプレーだった。うまく球を捉えられていたし、最後にいくつかのパットを決めることもできた。うまくいったわ」。一昨年の2009年3月「マスターカードクラシック honoring アレヨ・ペラルタ」を最後に勝利からは見放されている。42歳のベテランは1998年「ナビスコ・ダイナ・ショア」(現クラフトナビスコチャンピオンシップ)以来、メジャー通算2勝目を狙う。

<「70」でもヤニ・ツェンは単独トップを維持>

単独首位をキープしても世界ランク1位の“女王”はちょっぴり不満顔だった。6アンダーから出ると、前半の13番から3連続バーディ。しかし折り返しの18番ではダブルボギーとするなどトラブルも。スコアを2つ伸ばすにとどまり「今日のゴルフにはちょっとがっかりしている。ショートパットを2度ミスしてしまったのがとっても残念」と苦笑いを浮かべた。それでも絶好の位置で決勝ラウンドを迎えることに変わりはない。「でもまだリードをしているし、残り2日間がとても楽しみ」と余裕すら感じられる。

<プレッセル、ブロームクイスト、パク・ヒヨンが2打差を追う>

トップのヤニから2打差につけている3人は、いずれも2日間連続で「69」をマーク。2007年の「クラフトナビスコチャンピオンシップ」女王、プレッセルはメジャー通算2勝目へ向け、好位置で折り返した。パクは今季、日米ツアーを通じて1度もトップ10入りが無いが、今大会はここまで36ホールでボギーが1つと安定感が光る。ブロームクイストとともに、米ツアー初優勝へ向け、息の抜けない決勝ラウンドとなりそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 ウェグマンズLPGAチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。