ニュース

米国女子エビアンマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 エビアンマスターズ
期間:07/20〜07/23 エビアンマスターズGC(フランス)

宮里藍はA.ソレンスタムと並び23位スタート

フランス、エビアンマスターズGCで開催中の米国女子ツアー第20戦「エビアンマスターズ」初日。宮里藍の海外ツアー参戦で注目が集まっており、現地に集まったプレスの3分の1は日本からというフィーバーぶりだ。

その宮里の初日は“我慢のゴルフ”だった。出だしの1番、さらには4番とボギーが先行。7、8番の連続バーディでフロント9はイーブン・パーでなんとか凌いだ。その後12番でバーディを奪うが、14、15と連続ボギー。16番でバーディを奪い初日はイーブンパーの23位タイ。今年も賞金ランキングトップを独走しているアニカ・ソレンスタム(スウェーデン)と同位置につけている。

宮里と一緒にラウンドしたのは、15歳のアマチュア、ミッシェル・ウィと18歳ですでに米国女子ツアーで1勝を挙げているポーラ・クリーマー。2人とも米国においてはスーパースター級の若手だ。

全米女子オープンでは3日目にトップに立つなど今季大活躍中のウィだが、この日は不調。2バーディ、3ボギー、1ダブルボギーのトータル3オーバーで45位タイ。一方、クリーマは5バーディ、1ボギーと好調なゴルフを展開し首位に2打差の4位タイにつけた。

なお、初日6アンダーでトップに立ったのは、リネッテ・ブルッキー(ニュージーランド)、マリサ・バエナ(コロンビア)、カリン・コーク(スウェーデン)の3人。この大会は予選落ちがない4日間競技で、23日まで実施される。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 エビアンマスターズ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。