ニュース

米国女子HSBCワールド女子マッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2005年 HSBCワールド女子マッチプレー選手権
期間:06/30〜07/03 ハミルトンファームGC(ニュージャージー州)

宮里は3回戦で惜しく敗退!女王アニカも準々決勝で敗れる

ニュージャージー州、ハミルトンファームGCで行われている、米国女子ツアー第17戦「HSBCワールド女子マッチプレー選手権」の3日目。3回戦8試合と準々決勝の4試合が行われ、3回戦で宮里藍が、準々決勝では女王アニカ・ソレンスタムが敗れる結果となった。

3回戦、期待のかかった宮里はツアー通算4勝のソフィー・グスタフソン(スウェーデン)と対戦。いきなり2番ホールでチップインバーディを決め幸先の良い滑り出しを見せた。次の3番ではイーブンに戻されるも5番で再びバーディとし、一つ抜け出す。しかし、試合後のコメントで、一流選手のパットの技術がすごいと本人も語るように、パットで苦しめられる展開となり、16番でも2メートルのパットがカップにけられ、最終ホールまでもつれこむも一歩及ばなかった。

一方、アニカは3回戦、レイチェル・ヘザリントン(オーストラリア)との対戦。ヘザリントンは、アニカを相手に互角の勝負をしたが、アニカが17番パー3のティショットをピンそば1メートルにつけるスーパーショットを見せ、2アンド1で準々決勝に駒を進めた。しかし、同日午後に行われた準々決勝では、キャンディ・クンに先行される展開。その後、一進一退の攻防が続き最終ホールまでもつれこんだものの、イーブンで迎えた18番でクンがアップし準決勝進出には至らなかった。

準決勝に駒を進めたのは、アニカに勝ったキャンディ・クンカリー・ウェブを破ったマリサ・バエナミーナ・リーウェンディ・ウォードの4選手。どの選手にも優勝の可能性は十分あるだけに、熱い戦いが期待できそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 HSBCワールド女子マッチプレー選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。