ニュース

国内シニアノジマチャンピオンカップ箱根 シニアプロゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

兼本貴司が「びっくり!」シニア初優勝 清水洋一とのプレーオフ制す

◇国内シニア◇ノジマチャンピオンカップ 箱根シニアプロゴルフトーナメント 最終日(22日)◇箱根カントリー倶楽部(神奈川)◇7036yd(パー72)

国内シニアツアー第2戦は、兼本貴司清水洋一とのプレーオフを制した。レギュラーツアー2勝の51歳にとって、うれしい初優勝となった。

<< 下に続く >>

1打差2位から最終組でプレーした2人は、ともに「67」として通算12アンダーで並んでホールアウト。プレーオフ1ホール目の18番、清水がティショットを左に曲げ、3打目を寄せたがパーパットを決めきれず。パーオンに成功した兼本が2パットのパーでタイトルをつかんだ。

「びっくり!こんなに早く優勝できるなんて本人自身思っていなかったというか。55歳までになんとか1勝できれば良いかなと思っていました。そういうのもあって、少し早いかなと思いますけど、気持ちいいです」と喜んだ。

単独首位から出た塚田好宣は「69」で11アンダー3位。シニア初優勝となった開幕戦に続く連勝はならなかった。

飯島宏明が10アンダー4位。佐藤えいち谷口徹鈴木亨が9アンダー5位。昨季賞金王で大会連覇がかかっていた篠崎紀夫は「72」と伸ばせず、5アンダー20位で終えた。

<上位成績>
優勝/-12/兼本貴司
2/-12/清水洋一
3/-11/塚田好宣
4/-10/飯島宏明
5T/-9/佐藤えいち谷口徹鈴木亨
8T/-8/伊澤利光平塚哲二
10T/-7/プラヤド・マークセン寺西明横田真一 ほか

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 ノジマチャンピオンカップ箱根 シニアプロゴルフトーナメント




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!