ニュース

国内シニア日本シニアオープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

手嶋多一がシニア日本一 8打差圧勝で史上4人目の2冠

2021/09/19 15:42


◇国内シニアメジャー◇日本シニアオープン 最終日(19日)◇シャトレーゼヴィンテージGC(山梨県)◇6465yd(パー71)

単独首位から出た手嶋多一が7バーディ、2ボギーの「66」で回り、後続に8打差をつける通算19アンダーで“シニア日本一”の称号を手にした。

<< 下に続く >>

シニアデビュー戦だった2019年「金秀シニア 沖縄オープン」以来のツアー2勝目により、青木功中嶋常幸谷口徹に続く史上4人目の「日本オープン」と「日本シニアオープン」の2冠を達成。265ストローク、トータル19アンダー、2位との8打差はいずれも大会レコードという記録ずくめの勝利でもあった。

桑原克典が11アンダー2位、飯島宏明が10アンダー3位。2位スタートの深堀圭一郎は8アンダー4位でフィニッシュした。

アマチュアで唯一予選を通過した水上晃男が溝口英二と並んで5アンダー8位。水上は黒川倫行が1996年大会で記録したアマチュアの大会最高順位(9位タイ)と最少ストローク(287)を更新した。

前年覇者の寺西明は3アンダー10位だった。

1アンダー21位で終えた71歳の高橋勝成は5バーディ、4ボギーでプレー。2日目から「69」「70」「70」と並べて3日連続のエージシュートを達成した。

<上位成績>
優勝/-19/手嶋多一
2/-11/桑原克典
3/-10/飯島宏明
4/-8/深堀圭一郎
5/-7/プラヤド・マークセン
6T/-6/清水洋一谷口徹
8T/-5/溝口英二、水上晃男(アマ)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 日本シニアオープンゴルフ選手権競技




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!