ニュース

国内シニア日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップの最新ゴルフニュースをお届け

日本プロシニアは“停電”により3日目中止 54ホール短縮へ

2020/10/10 14:15

◇国内シニアメジャー◇日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ 3日目(10日)◇サミットGC (茨城)◇7023yd(パー72)

国内シニアメジャーの第3ラウンドはゴルフ場施設内の停電により中止された。54ホール短縮競技で11日(日)に最終ラウンドを行う。賞金加算は100%になる。

<< 下に続く >>

日本プロゴルフ協会(PGA)によると、電気をゴルフ場へ供給する送電設備のトラブルによるもの。午前3時30分にゴルフ場施設の停電を確認し、同5時50分に専門業者が確認した。その後に復旧作業が始まったが、復旧のめどが立たないことから同8時15分に第3ラウンドの中止を発表した。

8時時点でコースはプレー可能なコンディションにあったものの、天候悪化により競技中断等が想定される中、ゴルフ場施設が利用できないために競技中止を決定したという。停電が台風14号による影響であるかは不明。

11日は午前8時から全組1番スタートで最終ラウンドを予定。57歳の比嘉勉が通算8アンダーでトップ、清水洋一中山正芳が通算6アンダーの2位にいる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!