ニュース

国内シニアトラストグループカップ 佐世保シニアオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

賞金トップのマークセン不在 タイトル争いは終盤戦

◇国内シニア◇トラストグループカップ 佐世保シニアオープンゴルフトーナメント 事前(18日)◇佐世保CC(長崎)◇6737yd(パー72)

今季の国内シニアツアー第14戦「佐世保シニアオープン」は19日(土)、長崎・佐世保カントリー倶楽部で開幕。賞金総額2500万円(優勝賞金450万円)をかけて2日間競技で争われる。

昨年大会は最終日を首位と2打差の4位から出た金鍾徳キム・ジョンドク、韓国)が8バーディ、ノーボギーの「64」をマークし、通算12アンダーでツアー4勝目をあげた。

首位に並んで出た川岸良兼は「74」と崩して7位に終わった。レギュラーツアー6勝の52歳が雪辱を期す。

ツアーの残りは今大会を含め5戦。今季ただひとり複数優勝(2勝)している賞金ランキング1位(約4235万円)のプラヤド・マークセン(タイ)は国内メジャー「日本オープン」出場のため不在。

賞金レースは、ともに今季1勝で同ランク2位のタワン・ウィラチャン(タイ)が約1000万円差、同3位の日本プロゴルフ協会会長、倉本昌弘が約1440万円差で追う展開となっている。

<主な出場予定選手>
倉本昌弘崎山武志グレゴリー・マイヤー芹澤信雄深堀圭一郎寺西明川岸良兼鈴木亨渡辺司東聡室田淳高橋勝成金鍾徳タワン・ウィラチャン

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 トラストグループカップ 佐世保シニアオープンゴルフトーナメント




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。