ニュース

米国男子ザ・CJカップ@ナインブリッジの最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹は15位も厳しい評価 納得のショットは「ないです」

2019/10/17 20:36


◇米国男子◇ザ・CJカップ@ナインブリッジ 初日(17日)◇ナインブリッジ(韓国)◇7241yd(パー72)

納得のショットは「ないです」と言い切りながらも、最終18番(パー5)をイーグルで締めくくる見せ場をつくり3アンダーの「69」でホールアウト。松山英樹は1イーグル3バーディ、2ボギーでプレーし、首位と5打差のポジションで滑り出した。

「ショットは良くなかったけど、上手くまとめられた」という自己評価。終盤15番から3連続でグリーンを外して2つのボギーをたたいた。パーオンを逃したのはその3ホールのみで、フェアウェイキープ率は85.7%を記録したが、「ショットの距離感がまだまだだし、方向性にもまだ不安がある」と課題ばかりが口をついた。

6番で最初に奪ったバーディは、ピン左奥10mからのロングパットをねじ込んだものだ。この日、ショットで決定的なチャンスをつくったのは後半11番。ピン奥1m弱に絡めて2つ目のバーディとすると、続く12番(パー5)でも連続で伸ばした。それでも、「流れを作るようなバーディじゃなかった」とアクセルを踏み切れない。15番をボギーとすると、16番では1Wショットを大きく曲げて右の林へ。ナイスリカバリーを続けてパーでしのぎながら、1打目を手前のバンカーに落として“目玉”になった17番(パー3)もボギーとした。

重い空気に包まれる中でも、最後は地力を見せつけた。打ち下ろしの18番(568yd)では300yd後半の1Wショットをフェアウェイに運び、179ydの2打目をピン奥5mに2オン成功。これを沈めてイーグルで締めくくり、ギャラリーの大歓声を浴びてグリーンを降りた。

この日は、スコッティキャメロン製の『セレクト スクエアバックプラス』パターを使用し、「良いパットも打てているし、メチャクチャ悪くはない」とグリーン上のプレーを評価。理想からは遠いショットについても「そんなに酷くはない」と一定のラインは保てているようで「ちょっとかみ合わせが良くなればスコアも出せると思うし、あまり心配はしていない」と前を向いた。(韓国・済州島/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ザ・CJカップ@ナインブリッジ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。