ニュース

国内シニア富士フイルムシニアチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

尾崎直道、賞金王戴冠なるか 国内シニア最終戦

国内シニアツアー「富士フイルムシニアチャンピオンシップ」が1日(木)から3日(土)までの3日間、千葉県のザ・カントリークラブ・ジャパンで開催される。2012年の同ツアーもいよいよ最終戦。一年を締めくくるタイトルをかけた戦い、そして年間の賞金王争いが決着の時を迎える。

ここまで賞金ランキングのトップを走ってきたのは、シーズン前半戦に2勝を挙げた尾崎直道。昨年までは米国チャンピオンズツアーを舞台に戦っていたが、主戦場を日本に移し、レギュラーツアーも掛け持ちながら、その実力をしっかりと見せつけてきた。

<< 下に続く >>

優勝賞金1400万円(賞金総額7000万円)の同大会を前に、尾崎の今季獲得賞金額は2908万4750円。前週の「日本シニアオープンゴルフ選手権競技」を制し、ランク2位に浮上したフランキー・ミノザ(フィリピン=2327万8357円)に約580万円差をつけている。ミノザのほか、逆転賞金王の可能性が残されているのが高見和宏(現在まで2137万0999円)と室田淳(2096万9166円)の2人だ。

また賞金レースの一方で、昨年王者のデビッド・ラッセル(イングランド)、一昨年チャンピオンの芹澤信雄らにも視線は集まる。井戸木鴻樹も前週に優勝争いを演じ、シニアルーキーイヤーで初勝利を飾りたいところ。そして、ホストプロとなる青木功の活躍に大きな期待をしたい。

【主な出場選手】
D.ラッセル青木功井戸木鴻樹尾崎健夫尾崎直道加瀬秀樹倉本昌弘佐藤剛平芹澤信雄高見和宏中嶋常幸羽川豊室田淳湯原信光I.ウーズナムF.ミノザキム・ジョンドク

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 富士フイルムシニアチャンピオンシップ




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!