ニュース

国内女子大王製紙エリエールレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

藤田さいき11年ぶりの復活V ツアー新記録「263」

◇国内女子◇大王製紙エリエールレディスオープン 最終日(20日)◇エリエールGC松山(愛媛県)◇6575yd(パー71)

1打差2位から出た藤田さいきが4バーディ、ノーボギー「67」で回り、ツアーの4日間(パー71)での最少ストローク記録を4打更新する通算21アンダー「263」をマーク。2011年「富士通レディース」以来となる復活優勝を遂げた。ツアー通算6勝目。

<< 下に続く >>

今季は2位が3回(「フジサンケイレディス」「リシャール・ミル ヨネックスレディス」「宮里藍サントリーレディス」)と優勝争いを繰り広げながら勝利をつかめなかったが、36歳のベテランが11年35日ぶりに頂点に立った。

ウイニングパットを決めるとその場でしゃがみ込み、涙を流しながらガッツポーズした。

1打差2位は鈴木愛。通算15アンダー3位に菊地絵理香が入った。

通算13アンダー4位は上田桃子岩井明愛野澤真央リ・ハナ(韓国)の4人が並んだ。勝みなみが通算12アンダー8位。

今季の年間女王、山下美夢有は通算9アンダー11位。アマチュアの馬場咲希(代々木高2年)は、前年大会覇者の原英莉花らと並んで通算8アンダー15位だった。

西村優菜は通算4アンダー30位で4日間を終えた。

<上位成績>
優勝/-21/藤田さいき
2/-20/鈴木愛
3/-15/菊地絵理香
4T/-13/上田桃子岩井明愛野澤真央リ・ハナ
8/-12/勝みなみ

関連リンク

2022年 大王製紙エリエールレディスオープン



あなたにおすすめ

特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!