ニュース

国内女子サマンサタバサレディースの最新ゴルフニュースをお届け

有村智恵が涙の復活優勝 6年ぶり通算14勝目

2018/07/15 14:38


◇国内女子◇サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント 最終日(15日)◇イーグルポイントゴルフクラブ(茨城県)◇6588yd(パー72)

2打差8位から出た有村智恵が6バーディ、ノーボギーの「66」でプレー。通算13アンダーで逆転優勝を飾り、2012年「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」以来、6年ぶりとなるツアー通算14勝目をあげた。有村は最終組の2組前からスタート。最終18番をバーディで締めてリードを2打に広げると、涙で瞳を潤わせて最終グリーンを降りた。

2013年から挑戦してきた米ツアーを16年で撤退。優勝スピーチでは「久しぶりの優勝で、色々なことを勉強させてもらった。日本に帰って実感したのは日本ツアーが好きだし、やっぱり世界で一番だなと思う。若くて良い選手がいっぱいいますけど、ベテランの選手が壁になっていきたい」と笑顔をみせた。

通算11アンダーの2位に青木瀬令奈沖せいら。通算10アンダーの4位にツアールーキーの小祝さくら。通算9アンダーの5位に野澤真央フェービー・ヤオ(台湾)、申ジエ(韓国)の3人が並んだ。

通算8アンダー8位に黄アルム(韓国)、カリス・デイビッドソン(オーストラリア)、永井花奈笠りつ子川岸史果が続いた。

<上位の成績>
優勝/-13/有村智恵
2/-11/青木瀬令奈沖せいら
4/-10/小祝さくら
5T/-9/野澤真央フェービー・ヤオ申ジエ
8T/-8/黄アルムカリス・デイビッドソン永井花奈川岸史果

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 サマンサタバサレディース




特集SPECIAL

全米オープン
2019年のメジャー第3戦「全米オープン」は13日(木)に開幕する。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。