ニュース

国内女子ニチレイレディスの最新ゴルフニュースをお届け

テレサ・ルーが首位独走 新海美優4打差追う

2017/06/17 15:42


◇国内女子◇ニチレイレディス 2日目(17日)◇袖ヶ浦CC新袖C(千葉県)◇6566yd(パー72)

首位を4打差で追い2位から出たテレサ・ルー(台湾)が8バーディ、1ボギーの「65」でプレーし、通算11アンダーとして単独首位に浮上した。後続に4打のリードを築き、今年4月の「スタジオアリス女子オープン」に続く今季2勝目に王手をかけた。

<< 下に続く >>

5番では得意のアイアンショットでピンそば50センチにピタリと止め、楽々とこの日2つめのバーディ。「グリーンが小さいから精度や距離感が重要」と語った。

「まだ(ショットは)完璧じゃない」としながら、今季のパーオン率は1位。屈指のショットメーカーは「攻めすぎるのも良くないし、守りすぎるのも良くない。バランスをとってしっかりプレーする」と、気を引き締めた。

プロ4年目、ツアー未勝利の新海美優が4バーディ、ボギーなしの「68」でプレーし、4通算7アンダーの2位。通算6アンダー3位にカン・スーヨン(韓国)、葭葉ルミの2人が並んだ。

大会4連覇が懸かる申ジエ(韓国)は3バーディ、2ボギーの「71」でプレーして、通算3アンダー10位。8打差を追い、最終日を戦う。

コースレコード「64」をマークして首位発進した山田成美は2バーディ、6ボギー1ダブルボギーの「78」と崩れ、通算2アンダーの14位に後退した。

【主な上位成績】
1/-11/テレサ・ルー
2/-7/新海美優
3T/-6/カン・スーヨン葭葉ルミ
5/-5/ペ・ヒギョン
6T/-4/三ヶ島かな若林舞衣子原江里菜成田美寿々
10T/-3/申ジエ武尾咲希フェービー・ヤオ

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 ニチレイレディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!