ニュース

国内女子ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

初V狙う下川めぐみが首位浮上 表純子、笠りつ子は1打差追う2位

◇国内女子◇ゴルフ5レディス 2日目(2日)◇ゴルフ5カントリーオークビレッヂ(千葉県)◇6373yd(パー72)

プロ11年目、ツアー未勝利の下川めぐみが6バーディ、3ボギーの「69」でプレーして通算5アンダーで単独首位に浮上。悲願のツアー初勝利に向け、絶好の位置で最終日を迎える。

プロ入り後、247試合目の今大会。最終組で回った2日目は「(優勝争いの)場数が足りていないので、経験値を増やそうと頑張った」と下川はいう。「(緊張感が)全然違う。きのうなら強めに打てていたパッティングがショートしていた」と苦笑いで振り返ったが、後半に3つ伸ばして首位をキープ。「あすは倍緊張すると思う」と初優勝を見据えた。

ちなみに下川は、トーナメントで4度、プライベートを含めると8度のホールインワンを経験している。その秘訣について「池を怖がったりして打つとミート率が下がってしまう。逆に“入れるにはどうするか?”に集中するとミート率がアップする」と普段からカップインを意識してショットをしていると説明。最終日はイーグル賞(100万円)がかかった16番(パー5)、そしてホールインワン賞(100万円)がかかった17番(パー3)で“入れにいく”ことを宣言した。

通算4アンダーの2位にツアー史上最多連続出場記録(238試合)を更新中の表純子笠りつ子O.サタヤ(タイ)がつけた。香妻琴乃鈴木愛川満陽香理は通算3アンダーで5位で終えた。

賞金ランクトップのキム・ハヌル(韓国)は3バーディ、3ボギーの「72」として、通算1オーバー17位。大会ホステスプロで前年大会覇者の穴井詩は通算5オーバーの42位としてカットライン上で予選通過を決めた。

<上位成績>
1/-5/下川めぐみ
2T/-4/笠りつ子表純子O.サタヤ
5T/-3/香妻琴乃川満陽香理鈴木愛
8/-2/永井花奈
9T/-1/木村彩子服部真夕

17T/+1/キム・ハヌル
42T/+5/穴井詩

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
タイガー・ウッズのメジャー2連勝、松山英樹のメジャー初制覇なるか。2019年「全米プロゴルフ選手権」特集
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。