ニュース

国内女子日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

テレサ・ルーが逃げ切ってメジャー3勝目 イ・ボミの3週連続V阻む

◇国内女子メジャー◇日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 最終日◇パサージュ琴海アイランドGC(長崎)◇6735yd(パー72)

首位からスタートしたテレサ・ルー(台湾)が、3バーディ、2ボギーの「71」でプレーして通算7アンダーとし、逃げ切って今季4勝目、ツアー通算8勝目をメジャーのビッグタイトルで飾った。

ルーのメジャータイトル獲得は2014年の「日本女子オープンゴルフ選手権競技」、「LPGAツアー選手権リコーカップ」に続き3つ目とした。

通算5アンダーの2位に、上田桃子酒井美紀。現在賞金ランクトップで、3週連続優勝を狙ったイ・ボミ(韓国)は3バーディ、3ボギーの「72」にとどまり、通算4アンダーの4位でフィニッシュした。

アン・ソンジュキム・ハヌル(いずれも韓国)が通算3アンダー5位。通算1アンダーの7位に服部真夕原江里菜フェービー・ヤオ(台湾)の3選手が並んだ。

ツアー史上最長となる6735ydの難コースを舞台に行われたメジャー第2戦の最終ラウンドを、アンダーパーでプレーしたのはわずか4選手だった。

関連リンク

2015年 日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには金澤志奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~