ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

下村真由美が首位発進! 横峯が9位タイ、藍・桃子は…

今季国内女子メジャー第3戦「日本女子オープン」が10月1日(木)、千葉県にある我孫子GCで開幕した。前日の雨の影響によりグリーンは柔らかく、上位では初日から「日本女子オープン」らしからぬスコアの伸ばし合いが展開された。

その中で単独首位に躍り出たのは、6アンダーをマークした下村真由美。前半を1アンダーで折り返すと、後半は1番からの4連続を含む5バーディ。さらにノーボギーという内容に、「オフにスイング改造をして試行錯誤が続いていましたが、やっと落ち着いてきました。メジャー初日にこのスコアは自信になります」と、満足の表情を浮かべていた。

5アンダーの2位タイには、アメリカツアーから一時帰国している宮里美香と、ここ6試合でトップ10フィニッシュが4回と好調が続いている馬場ゆかり。「アメリカでパットに悩んでいた」という美香だが、「日本は、アメリカとは(グリーンの)芝も速さも何もかもが違う。気持ちを切り替えて、良いイメージでできました」と、久々という27パットにご満悦だった。

4アンダーの4位タイには、最終ホールのダブルボギーが痛かった福嶋晃子のほか、山崎百代、イム・ウナ(韓国)、タミー・ダーディン(オーストラリア)が続く。横峯さくらは、古閑美保や、今年の「全米女子オープン」覇者であるチ・ウンヒ(韓国)らと並び、2アンダーの9位タイにつけている。上田桃子は、1アンダーの19位タイ。賞金ランキングトップを走る諸見里しのぶは、イーブンパーの27位タイ。宮里藍は後半にスコアを落とし、竹村真琴らと並び1オーバーの40位タイとしている。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 日本女子オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには瀬戸瑞希選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!