ニュース

国内女子ヨネックスレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

全美貞、トーナメントレコード更新で今季3勝目!

新潟県にあるヨネックスCCで行われている国内女子ツアー第21戦「ヨネックスレディスゴルフトーナメント」の最終日、曇り空となり気温は22.9度。過ごしやすい天候の中、9,670人のギャラリーが会場に詰め掛けた。

通算11アンダーの全美貞(韓国)を、7アンダーの古閑美保が追いかける。「パー5を全部獲らないと」と話していた古閑だが、1番パー5では第2打がグリーン左手前のバンカーのすぐ右のラフに止まり、足はバンカーの中という難しいライ。3打目を寄せきれずにパー発進としてしまう。一方の全は、2打目をレイアップすると、3打目でピン下2mにピタリ。これを沈めて危なげなくバーディ発進とし、リードを5打に広げた。

「最初は緊張していたけど、1番のバーディで気が楽になりました」という全。その後もピンチらしいピンチはなく、6バーディノーボギーの安定したプレーでホールアウト。トーナメントレコードを更新する通算17アンダーで、2位に5打差をつけて今季3勝目を達成した。

「やっぱり優勝は嬉しいですね」と笑う全。スイングは「前より安定している」と自信を深め、「あと私に必要なのは、マインドコントロール」と次なるステップを見据える。賞金ランキングでは3位へと浮上し、まもなくシーズン終盤を迎える女子ツアーでの賞金女王争いにも名乗りを上げた。

通算12アンダーで単独2位に入ったのは、04年大会のチャンピオン・馬場ゆかり。「ミジョンとの差はあったけど、少しでも近づこうと思ってやりました」と、この日「66」で回って、前日の3位タイから順位を上げた。通算9アンダーの3位タイには、服部真夕、藤田幸希、古閑美保諸見里しのぶ、寺澤絵里の5人が続いた。横峯さくらは、この日3つスコアを伸ばしたものの、通算5アンダーの14位タイに終わった。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ヨネックスレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには三ヶ島かなプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!