ニュース

国内女子伊藤園レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

アルフレッドソン、山岡を下す

波乱が起きてしまった。あれほどノリまくっていた肥後かおりが、逃げの態勢になると別人のように自信を失ったプレー。そして4月の三越カップで3年ぶりの優勝をとげた47歳の山岡明美が、年齢など忘れたような猛烈な追い込み。いったん沈んでしまったかに見えたヘレン・アルフレッドソンの粘っこい再逆転。ドラマはあるんですね。

アルフレッドソンと山岡の一騎討ちとなった終盤、17番で山岡が長い長いパットを決めて抜け出したかと思うと、18番ではアルフレッドソンが難しいフックラインを放りこんでのバーディ。肥後のあっさり逃げきりでカタがつくかと思われた最終日は、もつれにもつれて、そしてプレーオフ1ホール目で決着が着いた。

「ホッとしているというのが実感です。先週の世界選手権ではプレーオフまでいったのに負けてしまった。あのときは相手のことばかり考えて、マッチプレーのように見てしまったのが敗因。日本で勝てたのは、嬉しいです。優勝するたびに自信がつきます」とアルフレッドソン。
3年の間、苦しんできた。その原因が足の付け根にあると知って手術。 「ようやくスクェアなスタンスで立てるようになった」のだという。その昔の悪いスタンスのクセが今でもときどき出る。アドレスを決めるのに時間がかかるのはそのためらしい。

山岡明美はアウトで4バーディと追い込んだのだが、8番ボギーでストップがかかった。そして17番でまたいいムードになりかかったものの、正念場の18番でボールがいまいちピンに寄らない。 「残念、しようがないですね。気持ちのどこかに、安全にというのがあったのかな。やっぱりピンをデッドに狙っていける彼女の方が有利ですね」 また一から出直しという。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

1997年 伊藤園レディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには鶴岡果恋プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!