ニュース

国内女子東ハトレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

前田すず子、6打差で独走中

1997/07/05 18:00

男子のツアーも暑かったらしいが、こちらはもっと暑かった。発表では34.7度。体感温度はそんなものではない。しかも風が強かった。多少しのぎやすくはあるが、プレーをしている選手たちにとっては良かったのか悪かったのか。昨日はやさしそうにみえたオークビレッヂがその表情を一変させた。

前日トップタイの古家三起は出だしから6連続ボギー、11番までに10打を失うというゴルフでトータル85。初日との落差がなんと16ストローク。 「風とケンカしてしまいました。ショットそのものは悪くなかったんです。計算ができなかった。頭が悪かったんです・・」と古家。しかしそれでもまだ10位グループというところからも、この日のすさまじさを想像してもらえると思う。

そんなコンディションの中、前田すず子一人がアンダーパーの世界に止まった。5バーディ、5ボギー。出入りは激しかったがパープレーにまとめた。
「基本的にボールが低いから、風の影響が少ないんだと思います」という前田。そういえば今季2勝目のイエローハットも風が強かった。 「でも明日は風は吹かないほうがいいですね。追われる立場ですけど、気にしないでプレーします」

なお、大会2日目の今日、ドライビングコンテストを実施。古川千尋が272ヤードを飛ばして優勝。ドラコン女王となった。古川によると飛ばす秘訣は「ティを高めにして、ボールの15センチくらい後ろにクラブを構える。アゴを引かないで、ダラっとして打つ」のだそうだ。「だらっ」というのが実感あるよね。リキんじゃボールは飛びません。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

1997年 東ハトレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには鶴岡果恋プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!