ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権コニカ杯の最新ゴルフニュースをお届け

2日目は李五順リード。2打差に服部道子

スコアが伸びない。森口祐子は77と大きく崩れ、首位に立ったのは2アンダープレーの李五順。1オーバとした服部道子が2位に踏みとどまっている。福嶋晃子はまだスパートがかけられず1オーバープレーだったが順位は8位タイ。

韓国の李五順は4バーディ、2ホギー。「日本のトーナメントでトップに立ったのは初めてです。今日いいからといって、明日もいいとは限りませんけど、一生懸命やります」
26歳からゴルフを始めたという遅咲き。29歳でプロテスト合格。「日本は経費がすごくかかるんで、帰ろうかと何度も考えました。今年になってからようやくプレーが楽しくなってきました」

「OBが余計でした」というのは服部道子。OB入りの73だった。「タフなコースですからパッティングがカギになると思います。今日はチグハグでした。芯に当たっていない感じでした」
明日は積極的、前向きにプレーするという。

森口祐子はちょっと疲れた。バーディが1つしか取れない77。「体調が悪かった。ゴルフまで悪くなってしまいました。順位としては悪くないんですが、今日のゴルフはズルズル行くような感じで気持ちが悪いです」
「最終組の3人が、つまんないゴルフをしてしまいましたね。残念です」と人の分もあわせて反省した。ちなみに最終組とは森口、肥後、赤木のことだ。

関連リンク

1998年 日本女子プロゴルフ選手権コニカ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには田村亜矢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~