ニュース

国内女子ミズノレディースゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

城戸富貴、独走で3年ぶりのV!

前日首位の城戸富貴が最終日もスコアを伸ばして6打差と危なげない逃げきりの勝利を飾った。95年のカトキチクィーンズ以来のツアー優勝。
「15番でボードを見たとき私が6アンダー、前の組の李英美が1アンダーとなってた。本当だろうかと不安で15番は必死になってしまいました」という城戸富貴。その15番をバーディとしてトータル7アンダーにまで伸ばした。
「最終組の3人の中でショットはいちばん悪かった。ひっちゃかめっちゃか。振れていないし、飛んでいないし、今日は長い1日でした」

男子トーナメントでは片山晋呉が母とだきあったが、城戸富貴も応援にかけつけていた母と抱き合った。城戸の場合も父が昨年亡くなっている。「父の写真はいつも持っています。今年は新盆なんですが、いい墓参りをすることができます」
実は昨日、副賞の車にこっそりツバをつけて帰ったのだという。「本当に欲しかったんですよ、あの車」

争いに絡むにはいたらなかったが、福嶋晃子も67とようやくスパート。26位から4位へと一気に上昇し、先週の手応えをまたつかみとった。来週のNEC軽井沢72ではホステスプロの役目を果たし、試合後は米ツアー資格取得のため渡米する。

関連リンク

1998年 ミズノレディースゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストにはミナミ・レボノウィッチプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~