ニュース

国内女子We Love KOBEサントリーレディスオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

マクガイヤ首位。吉川、鈴木が追う

1998/06/11 18:00

今週の女子ツアーは長丁場の4日間トーナメント。男子ならあたりまえの日程だが、女子選手にとって「4日間」はけっこうプレッシャーになるらしい。体力が持つかどうか、好調を保ち続けられるかどうかがカギ。

まず飛び出したのはマーニー・マクガイヤ。実力派と自他ともに認めるベテラン選手なのだが、左腕を痛めてこのところ休場。ニュージーランドに帰っていた。「練習のしすぎじゃないかと思う」と本人は言う。実際、よく練習する人です。
マクガイヤはインコースで5バーディ、1ボギー。32としてトータル68。「非常にいいプレーができた。スタート前、忍耐強くプレーしようと目標を立てたのだが、その通りにウランドできた」
休みあけということもあり、自分にあまり期待をかけないでプレーしたのが好結果につながった、と冷静沈着なマーニーらしく自己分析してくれた。

2位にはこれも大ベテラン、吉川なよ子。「長いことゴルフやっているから、こういう4日間競技のペース配分は知っていると思う。3日目にいちばんプレッシャーがかかるんです」という。毎度のことながら永久シードの30勝がかかっているだけに、本人も周囲もやきもきする。

鈴木恵子は今季初の60台のスコア。「今季初といっても、いつ以来かしら。去年もなかったですもんね・・」
進学校だったという高校時代はソフトボールをやっていた。ガラリと方針変更して17歳から葵カントリーに入社。石井茂支配人(プロ)に厳しく教えられた。「足で大地をつかめ、という教えでした」

関連リンク

1998年 We Love KOBEサントリーレディスオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~