ニュース

国内女子東都自動車レディースプロゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

李英美、ガマンの逃げきり優勝

3人が5アンダーで並んでの最終日スタート。しかし前半好調だった永田富佐子はインに入ってから崩れ、またトーナメントをリードした原田香里もやはり後半になって不調。後からついていく形となった李英美が結局スコアを3つ伸ばして優勝をとげた。

永田富佐子はアウトを33。しかしインに入って3ボギー。「ずいぶん貯金したのに、インで全部ハタいてしまった。パワーがなくなってしまったというか・・」
原田香里もアウトでボギーなしの4バーディ。しかしインでは2ボギー。「今日はイタダキだなと思ったんですけど。2勝したかったんだけどなー」

李英美はじっとガマンをしているうちに、上の2人がバタバタ崩れていった形。「自分が優勝するという気持ちはぜんぜんなかったんです。嬉しいですね」
ついたキャディがあまりゴルフを知らない人だった。迷惑をかけないようにいろいろ教えながのラウンドで、スコアボートを見る余裕もなかった。原田がボギーとした16番で、始めて自分がトップと知ったと言う。 「この優勝で余裕ができたから、これからはイライラしないでゴルフします」

李英美はこれまで優勝5回。96年には2勝をあげている。しかし昨97年は惜しいところで優勝を逃がし続け、今年も優勝争いに顔は出すものの、なかなか勝機がつかめなかった。ようやくの勝利だ。

福嶋晃子はアウトで7アンダーまでスコアを伸ばしたが、後半でもたついてしまっての71。4位タイに終わった。とはいえ全体の感触は良好。来週以降が楽しみになった。

関連リンク

1998年 東都自動車レディースプロゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~