ニュース

国内女子東都自動車レディースプロゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

首位は福本佳世。福嶋晃子も復活か?

いまの女子ツアーの見どころは服部道子・具玉姫の賞金女王レース。ひとつ優勝して具玉姫がその気になってしまったからこれからの争いは熾烈になる。面白いところだ。そしてもうひとつ、福嶋晃子はいつ復活してくるのかも気にかかるところ。本当に復活してくるんだろうか、と半信半疑になっていたファンもいたはずだ。

その福嶋晃子がようやく2アンダーというまともなスコアで上がってきた。初日から2位タイ。今週は明るい顔が見られるか。
福島は前半パープレー。しかしインに入ってから3バーディ、1ボギー。「なんとなくショットがよくなってきた」という。しかしスコアがまとまった原因はインではなく、悪いなりにパーを拾ってゆけた前半のウランドのおかげだとか。こういう考え方は、やっぱりプロです。

首位に立っているのは福本佳世。和洋女子短大出で、ジャンボ軍団ただひとりの女子プロ。自称「ジャンボ軍団のみそっかす」 剣道3段というちょっと変わった経歴の持ち主だ。
福本は5バーディ、2ボギー。「1年に1回あるかないかくらい、パターのラインが出ていました。でも明日はわからないです。今日はたまたまです」とあっさりしている。

関連リンク

1998年 東都自動車レディースプロゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには金澤志奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~