ニュース

国内女子再春館レディースの最新ゴルフニュースをお届け

服部道子、逆転のプレーオフ勝利!

順位 選手名 通算 合計
1 服部道子 -1 215
2 ク・オッキ -1 215
3 吉田知恵 +3 219
4 大金寿子 +4 220
4 池渕富子 +4 220
4 乃村三枝子 +4 220
7 肥後かおり +6 222
8 李五順 +7 223
9 金万寿 +8 224
9 川波由利 +8 224

スコア詳細を見る

「せめて1日、アンダーパーでプレーしよう」と前向きの気持ちでスタートした。タフなコースの最終日、気持ちとは裏腹に逆に落ち込みそうになるプレーをじっと我慢し続けた選手の頭上に勝利が輝いた。服部道子、結果パープレーでトータル1アンダー。追い込んだ具玉姫とのプレーオフは服部の勝ち。

服部はバーディ2つの後にボギー2つ。インに入ってまたバーディをとると終盤の15番16番でボギー。最終18番のバーディでようやく帳尻を合わせ、プレーオフに持ち込んだ。
「ほんとに、ほんとに嬉しいです。最後まであきらめないでやろうと思ってました。具さんのスコアは分かってました。18番は絶対にバーディを取ろうという気持ちでした」

プレーオフの死闘は3ホール目でようやく決着がついた。「世界の具玉姫さんですから。こんな大スターと戦って勝ったというのは自信につながります。この優勝で止まったらダメで、コンスタントに上位で戦いたいですね」という服部。昨年の2勝に続く今季早期の勝利だけに、手応えは十分という印象だ。もともと実力ある選手、今年は化ける可能性十分。

具玉姫は本割りでは5バーディ、3ボギー。惜しくも勝利を逃がした。「やっぱり勝つ人はパットを入れます。服部さんは本戦もプレーオフも、よく決めていました。今日は私の日ではなかったという感じでしょう」

これも話題の中学生・古閑美保。大人のプロの中で大健闘しての13位タイ。「上がり連続バーディです。今日はいちばん楽しくプレーできました。応援団がいっぱい来てくれました。ボギーを打っても暗い顔をしちゃいけないと思いながらプレーしました」
ティグラウンドのアナウンスで「永久シード選手」と知って、すごいなぁと感心したト阿玉より良いスコアで回れたのが嬉しかったという。「プロの人ってスゴイなーと思いっぱなしの3日間でした」


特集SPECIAL

プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには川﨑志穂プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~