ニュース

国内女子廣済堂レディスゴルフカップの最新ゴルフニュースをお届け

ベテラン安井純子、シード外から復活

米山みどりはバーディが来なかった。パットが決まらずズルズルと75。初めての最終組・那須美根子はボロボロと崩れてしまった。79。米山と同じルーキーの藤野オリエもやはり後退。80。若手・新鋭が経験不足をもろに見せてしまった最終日だった。

上位が崩れて試合は混沌、大混戦となったが、つぶしあいの中でふんばったのは過去10勝の安井純子、そしてツアー2勝、同期の島袋美幸。お互い決定打のないまま1アンダーでプレーオフとなり、4ホール目で場数に富んだ安井の勝利。

過去10勝とはいえ、安井純子は今年のシードを失っている。悔しい52位だった。シードを失ってしまえば、その他大勢、ただの女子プロでしかない。「一から出直し」という安井の執念が実った形だ。
「プレーオフの最後のバーディパットは8メートルはあったと思う。入ったときは、本当にホッとした・・」
優勝できるとは考えてもいなかった。しかしプレーオフに突入してからは、急に欲が出てきたという。「勝ちたい。そればっかり考えてました。長丁場になっても、そればっかり考えていました」
島袋美幸とは同じホテルに泊まり、同じ車に乗ってコースに入った。ゴルフの話なぞ少しもしなかった。まさかこんな形になろうとは夢にも考えなかったという。「これまで焦りもあったけど、これで余裕ができました。これからいいゴルフができると思います」

関連リンク

1999年 廣済堂レディスゴルフカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~