ニュース

国内女子We Love KOBE サントリーレディスオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

久保樹乃が12アンダーで単独首位

雨にも降られずに終了した3日目。首位に残ったのは久保樹乃一人。68で順調に4つ伸ばして12アンダー。2位には前日首位タイからスタートした中野 晶が続いた。2位に4打差3位としたのは井上真由美。村口史子は今日を4オーバーとして7位タイに順位を下げた。

「実感がないです」と久保樹乃。一打一打を考え、集中してプレーできた。6バーディ、2ボギーの68。パットのミスもほとんどなかったのは、プロアマ戦で「ちょっと違うような感じ」がして10センチ近く立つように心がけてみた。「球の転がりがよくなって、気付いてよかった。村口さんと三橋さんのを見ていてアッと思ったんです」
「いつもガツガツやるのが悪いほうに出ていたので、冷静に自分を離して見られるようにプレーしたいでんです。今日はかなり出来たかな?」 喜怒哀楽が激しい。サラッとしたゴルフがしたい久保、だんだん目標に近づいているようだ。「明日も難しい状況(最終組トップ)でそんなゴルフしたいです」

4バーディ、1ボギーの中野晶。「今日は及第点。インに入ってからの18番のような『ソツ』があったのは反省点です」 18番ホールではもう少しで林に入れそうな場面があったが、そこはパーセーブ。ボギーは8番だけに押さえてしっかり首位に張りついた位置をキープしている。「最後は何でもかまわないからスコアを伸ばしたい。それが目標です」

井上真由美はボギーなしの4バーディ、それで68は初めてという。ここは地元で両親をはじめ、応援が駆けつけている。「正直なところ3日間で終わってくれればとも思ってますが最終日あと1日頑張ります」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2000年 We Love KOBE サントリーレディスオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには丹萌乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!